セルフメディケーション税制とは

セルフメディケーション税制は医療費控除の特例であり、

1年間の一定のスイッチOTC医薬品の購入費用が12,000円を超えるとき、その超える

部分の金額について、その年分の所得から差引くことができます。

※平成29年1月1日から平成33年12月31日までの制度で、

確定申告をしなければ税金は戻ってきません。

セルフメディケーション税制
医療等の対象者 健康維持増進や疾病予防に取り組む個人で、自己及び自己と生計を一にする配偶者その他親族※1
控除の対象 一定のスイッチOTC医薬品※2
最低自己負担額 12,000円
控除限度額 88,000円

※1)特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診

※2)スイッチOTC医薬品とは → こちら