こんにちは。

 

先日、賃貸マンションを経営されている方から(個人技業主)賃貸マンションにおける

損害保険の必要経費についてご質問を受けました。

 

問題形式で掲載してみたいと思います。

 

問題:下記保険契約【契約1】【契約2】の2018年分の所得税の計算上、必要経費に
   算入できる最大の金額はいくらになるでしょう?

【契約1】

保険の種類:火災保険

保険契約者=保険料負担者:岩谷さん

保険の対象:岩谷さんの所有する賃貸マンション(居室はすべて賃借人に貸し出し

保険期間:2018年7月1日から5年

保険料:2,000,000万円

【契約2】

保険種類:施設所有者賠償責任保険

保険契約書=保険料負担者:岩谷さん

被保険者:岩谷さん

保険期間:2018年7月1日から1年

保険料:10,000円(年払い)
※保険期間満了後も前年と同様の内容で契約を更新している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは、次回掲載いたします。

 

 

 

 

 

※この記事は、抽象的かつ一般的な法令や税務等に関する説明、また計算方法により

 算出し掲載しております。個別、具体的な事項におきましては税理士、弁護士、

 社会保険労務士などの専門家および行政や自治体等から最適なご相談先をご案内いたします。

 なお、専門家の場合は弊社が信頼する方々を紹介することも可能です。

 

FP協会のテレビCMです。

 

 

不動産

税金

ライフプラン

リスク管理

金融資産運用

相続・事業承継

スタッフブログ

 

まずはお気軽にご相談下さい → こちら