前回の続きより

 

まずは、200,000豪ドルを円で預け入れます。

200,000豪ドル × (84.60(仲値)+ 為替手数料50銭)=17,020,000円・・・①

次に200,000豪ドルに利率を掛け、算出します。

200,000豪ドル × (1+0.012÷2×0.8)=200,960豪ドル・・・②
(年率1.20%なので、2(6/12)で割り、税引にするので、0.8を掛けて計算します。)

そして②の数字を円転します。

200,960豪ドル × (86.70(仲値)- 為替手数料50銭)=17,322,752円・・・③

そして為替差益を計算します。

(86.20円 - 85.10円)× 200,000豪ドル= 220,000円

総合課税の税金を計算します。

220,000円 × 30% =66,000円・・・④

 

最後に

 

② - ① -④ =236,752円(利益額)

 

となります。

 

外貨を考えるとき、このような問題は基本的なことですが、

外貨にかんする債券や保険、預金の経験のない人は、難しく感じたかもしれません。

 

なぜ今回は外貨に関することを上げたのかについて、次回に続きます。

 

 

 

 

FP協会のテレビCMです。

 

 

 

不動産

税金

ライフプラン

リスク管理

金融資産運用

相続・事業承継

スタッフブログ

 

まずはお気軽にご相談下さい → こちら

 

 この記事は、抽象的かつ一般的な法令や税務等に関する説明、また計算方法により

 算出し掲載しております。今後新たな通達等で変更となる場合がございます。

 個別、具体的な事項におきましては税理士、弁護士、社会保険労務士などの専門家

 および行政や自治体等から最適なご相談先をご案内いたします。

 なお、専門家の場合は弊社が信頼する方々を紹介することも可能です。