立地適正化計画

 

 

 

 

 

みなさんは、立地適正化計画という言葉を聞いたことはございますか?

ご存知の方はスルーしてください。

 

簡単にご説明いたします。

今後の国の街作りの方針が決定しております。

それが、立地適正化計画です。(富山市、小矢部市、岐阜市が2017年施行)

今後日本は人口減少という未知の段階に入っていきます。

少子高齢化に伴い、社会保障問題、経済問題などあらゆる問題が

山積しております。

しかしながら、何もしないわけではなく、

主要な道路や駅周辺に人口を集め、人口密度を上げていきます。

なぜなら、生産効率の上昇、大規模修繕が必要なインフラ整備の振り分け

など、立地の良い場所にみんなで集まって生活をして、

助け合って生きていきましょう。ということです。

ざっくりですけど、、、。

では、次に不動産の身近なことにフォーカスしてみましょう。

人口密度が上がるということは、その土地の価値も上がるということに

つながります。反対に、主要な道路から離れた場所や、田舎などの

土地の価値は下がるとういことになります。

 

 

 

 

よって、土地も今以上に大きな二極化になることが予想されます。

売り時、買い時は難しいとは思いますが、今だけではなく、

少しでも良いから、先を見ていきましょう。