「選好の逆転」

行動経済学に出てくる言葉です。

人間は目先の利益に目を奪われて先のことが見えなくなり、結果的に

不合理な選択をしてしまうことを言います。

 

リボ払いがいけないといっているわけではないですが、

 

リボ払いは、年利15%ぐらいの金利が一般的なことは

ご存知ですか?

現在の日本は超低金利時代です。

超低金利時代で15%は驚異的な高金利ではないでしょうか?

 

では、なぜリボ払いをしてしまうのか?

 

それは認知バイアスといって、リボ払いを選択してしまう

人の中に借金と感じない言葉の認知があります。

でも借金なんです。

 

 

しかも

 

高金利!

 

 

 

 

 

 

 

 

毎月一定額の支払いなので、支払に関してはわかりやすいですが、

金利とは支払の期限が長くなればなるほど支払う総額は多くなって

しまいます。

 

わずか0.1%の違いでも前に上げた記事

     「0.1%の違い」

 

 

 

 

 

 

 

 

を見てもらえば解るとおり、住宅ローンの35年元利均等で、

約580,000円もの差が出てしまうんです。

 

リボ払いは元利均等返済と同じようなもので、

住宅ローンの金利は現在約1.4%程度

リボ払いは15%程度

です。

この数字の違いがどれほど生活に影響するかは

ご理解いただけると思います。

 

毎月の家計が赤字の方はリボ払いをしていませんか?

 

目先の利益に目を奪われて物欲などに負けて、先を見失って

いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

日本FP協会のテレビCMです。

 

 

不動産

税金

ライフプラン

リスク管理

金融資産運用

相続・事業承継

スタッフブログ

 

まずはお気軽にご相談下さい → こちら