先日、友達との会話の中で、

「同時に死亡したら、相続はどうなるの?」

なんて質問を受けました。

良い質問ですね(上から目線ですみません)

 

例えば、

今は車社会で、家族での乗車中に大事故で、死亡の判断の順番が

明らかでない場合があります。

そんなとは、

「同時死亡の推定」

とういう判断になります。

同時死亡の推定とは・・・相続関係にある数人の者が死亡し、誰が先に死亡

したか明らかでない場合、これらの者は同時に死亡した者と推定されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例:父と二男(亡夫)が同時死亡した場合

 

 

 

 

 

 

 

区 分 取 扱 同時死亡の場合の相続人
父の相続 二男(亡夫)が先に死亡したものとする 母、兄、子
二男(亡夫)の相続 父が先に死亡したものとする 妻、子

 

ポイントは先に死亡していたものとし、法定相続人が決まるということに

なりますね。

余談ですが、同時死亡でなかった場合は、相続財産が多くある

家系は、大変な問題もありますね。

 

ネットなどにも解りやすく解説してあるものが多く存在しますが、

よくみると、間違った解釈の記事などもありますので、お気を付けください。

 

 

日本FP協会のテレビCMです。

 

 

不動産

税金

ライフプラン

リスク管理

金融資産運用

相続・事業承継

スタッフブログ

 

まずはお気軽にご相談下さい → こちら