前回の続きです。

前回は非常に基本的なことでしたが、今回はより身近な

ことでお伝えしてみたいと思います。

 

【例題】

<外貨定期預金の明細>

預入金額:200,000豪ドル

預入期間:2018年12月から2019年6月(6ヵ月間)

利率:年1.20%

<為替レート及び為替手数料>

預入時の為替レート:1豪ドル=84.40円

満期時の為替レート:1豪ドル=86.70円

為替手数料:片道50銭

円を豪ドルに換えて預入を行い、満期時に豪ドルを円に換えて受け取った
場合、為替差益は総合課税適用で30%とし、税引後(便宜上外貨建ての利息20%)
における最終的な円ベースでの利益額はいくらになると思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FP協会のテレビCMです。

 

 

 

不動産

税金

ライフプラン

リスク管理

金融資産運用

相続・事業承継

スタッフブログ

 

まずはお気軽にご相談下さい → こちら

 

 この記事は、抽象的かつ一般的な法令や税務等に関する説明、また計算方法により

 算出し掲載しております。今後新たな通達等で変更となる場合がございます。

 個別、具体的な事項におきましては税理士、弁護士、社会保険労務士などの専門家

 および行政や自治体等から最適なご相談先をご案内いたします。

 なお、専門家の場合は弊社が信頼する方々を紹介することも可能です。