教育資金

前回の資料の差し替えです。前回は → こちら

文部科学省より新しい調査結果が出ていますので

お伝えいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三大資金の一つである教育資金は比較的把握しやすい資金です。

なぜなら、必要な時期と金額が把握しやすいからです。下記参照

 

画像クリックで拡大

 

 

 

 

 

 

 

(出所:文部科学省「平成2 8年度 子供の学習費調査」)

グラフは、幼稚園3 歳から高等学校第3 学年までの15 年間の学習費総額をみたものです。
数字は、各学年の平成28年度の「学習費総額(学校教育費、学校給食費、学校外活動費の
合計)」を単純合計して算出し、公立と私立の組み合わせを 6 つのケースに分けて比較して
います。

 

(参考)大学学部(昼間部)の1年間の学費(注)
国立: 647,700円
公立: 666,300円
私立: 1,361,600円
(注) 学費:授業料,その他の学校納付金,就学費,課外活動費,通学費の合計。

 

 

前回との比較として、大きな金額の違いはありませんが

ひとつ、全体的に学習費総額が減少しているといえますね。

参考にしてみてください。

 

 

 

 

日本FP協会のテレビCMです。

 

 

 

不動産     

税金      

ライフプラン  

リスク管理   

金融資産運用  

相続・事業承継 

スタッフブログ 

 

まずはお気軽にご相談下さい → こちら