今回は、前回に引き続き
( 前回は → こちら )

 

各国のキャッシュレス決済比率の状況(2015)

下記画像クリックで拡大

 

 

 

 

 

 

日本はかなり低い状態にありますよね。

さまざまな原因があげれらます。

(1) 盗難の少なさや、現金を落としても返ってくると言われる「治安の良さ」
(2) きれいな紙幣と偽札の流通が少なく、「現金に対する高い信頼」
(3) 店舗等の「POS(レジ)の処理が高速かつ正確」であり、店頭での現金取
扱いの煩雑さが少ない
(4) ATM の利便性が高く「現金の入手が容易」その中の一つが、安全な国だからです。

皮肉な結果ということでしょうか

 

 

では、なぜ世界はキャッシュレス社会に進んでいるのか

それは一言で「経済」

ですね。

人、金、物

が動けば、発展していくというです。

 

たとえば、

日本に住む人はもとより、海外からの旅行者のように

多額の現金を持たない場合でも、キャッシュレス決済の

機会が増えれば国内消費に好影響を与える要因となりますよね。

 

政策としてもキャッシュレス化になっていきますので

問題もありますが、物理的な現金を持たない

時代がすぐくるのではないでしょうか?

 

日本FP協会のテレビCMです。

 

 

不動産

税金

ライフプラン

リスク管理

金融資産運用

相続・事業承継

スタッフブログ

 

まずはお気軽にご相談下さい → こちら