前回、直観的判断について少し触れました。
( 前回は → こちら )

 

 

例えば、

清潔感があり、スーツの着こなしなどもスマートな人と、

寝ぐせがあり、スーツはヨレヨレでだらしなさそうな人

とでは、どちらの人が仕事ができると思いますか?

清潔感がある人の方が、仕事ができそうに思いますよね!

しかし、本当に仕事ができるかどうかはわかりません。

 

もう一つ、

肺炎で亡くなる人と

交通事故で亡くなる方

とでは、どちらが多いと思いますか?

 

交通事故で亡くなる方の方が多いような気もしますが、

実際は、倍以上の方が肺炎で亡くなっています。

 

直観的判断は必ずしも正しいことはなく、根拠がないことです。

ファイナンスの世界では、より論理的に答えを導き出せることが

できれば、間違った判断などしなくて済むこともあります。

 

 

 

では最後に、問題です。

 

パンとコーヒー合わせて

1,100円

パンの値段はコーヒーよりも

1,000円

高いとき、コーヒーの値段はいくらになりますか?

 

続きは次回・・・

 

 

 

 

日本FP協会のテレビCMです。

 

 

不動産

税金

ライフプラン

リスク管理

金融資産運用

相続・事業承継

スタッフブログ

 

まずはお気軽にご相談下さい → こちら