前回の問題と答え

問題

 

住宅ローンの返済方法には、

主に元利均等返済方式と元金均等返済方式があります。

一般的に、当初の借入金、返済期間、借入金利が同じ場合、

説明の中で誤っているものは次のうちどれでしょうか?

 

 

 

①借入当初の返済額は元金均等返済方式の
 方が多い。

 

②元金均等返済方式では、毎月返済額は
 返済が進むにつれて少なくなる。

 

③全期間合計の返済総額は、元利均等返済方式も
 元金均等返済方式も同額である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え ③番の全期間合計の返済総額は、
元利均等返済方式も
元金均等返済方式も同額である。

 

解説

元利均等よりも元金均等の方が、元本残高の減少が早い分

利息が少なくなるため

 

簡単すぎましたか?

もし今後住宅ローンをお考えの方は、金利だけではなく

ぜひ参考にしてください。

 

 

不動産     

税金      

ライフプラン  

リスク管理   

金融資産運用  

相続・事業承継 

スタッフブログ 

 

まずはお気軽にご相談下さい → こちら