コロナ:就業形態別月間給与総額

 

毎月勤労統計調査 令和2年分結果確報
(厚生労働省)

 

下記画像クリックで拡大

 

 

 

 

 

 

コロナの影響で現金給与を産業別にみてみると前年より7業種が上がり、

10業種が下がっています。

1%以上アップした業種が金融業、保険業で1.1%、

不動産、物品賃貸業で2.9%、教育学習支援が1.1%

です。

減少した業種では飲食サービス業等で-5.9%、

運輸業、郵便業が-4.8%で目立ちますね。

コロナの影響を大きく受けたものと思われます。

 

 

不動産

税金

ライフプラン

リスク管理

金融資産運用

相続・事業承継

スタッフブログ

 

まずはお気軽にご相談下さい → こちら

 

この記事は、抽象的かつ一般的な法令や税務等に関する説明、また計算方法により
算出し掲載しております。今後新たな通達等で変更となる場合がございます。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください