令和2年 厚生労働白書より

 

 

令和2年版 厚生労働白書は、「令和時代の社会保障と働き方を考える」と題し、

平成の30 年間の社会の変容を踏まえ、2040 年を見据えた中長期の視点に立ち、

新型コロナウイルス感染症の影響を含め、今後の対応の方向性について検討を行ったものです。

下記画像クリックで拡大↓

 

 

 

 

 

 

 平均寿命は、平成30年間に約5年伸び、さらに2040年にかけて約2年伸び
る見通し。2040年時点で65歳の人は、男性の約4割が90歳まで、女性の
2割が100歳まで生きると推計され、「人生100年時代」が射程に。

 健康寿命の延伸とともに、ライフステージに応じてどのような働き方を選
ぶか、就労以外の学びや社会参加などをどのように組み合わせていくかと
いった生き方の選択を支える環境整備が重要に。

 

 

今回は 「厚生労働白書」から一部抜粋したものです。

 

概要版は → こちら

 

不動産

税金

ライフプラン

リスク管理

金融資産運用

相続・事業承継

スタッフブログ

 

まずはお気軽にご相談下さい → こちら

 

この記事は、抽象的かつ一般的な法令や税務等に関する説明、また計算方法により

算出し掲載しております。今後新たな通達等で変更となる場合がございます。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください