令和2年年末調整変更ポイント(給与所得控除引き下げ)

 

こんにちは

今年も始まります。年末調整!

今年度の年末調整は給与所得者にとっても大きな税制改正が施行されることもあり、

例年と比較して多くなっておりますので、変更の主なポイントを解説していきます。

 

【給与所得控除の引き下げ】

給与所得者の必要経費は正規や非正規及びパートやアルバイトといった職種を問わず決まりがあり

これを給与所得控除といいますが、令和元年までは下記表の通りでした。
※表クリックで拡大

 

 

 

 

 

 

 

 

令和2年以降は下記表の通りになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイント

給与所得控除額が最低65万円から55万円に引き下げられ、どの所得層においても10万円

引き下げられるほか、年収が850万円を超えた場合は給与所得控除額の上限が195万円に

抑えられることになります。

 

 

 

しかしながら「課税の公平」の考え方により緩和処置の役割として

【所得金額調整控除】が同時に施行されます。

 

次回は、【所得金額調整控除】を解説します。
※出典:国税庁HPより

 

 

不動産

税金

ライフプラン

リスク管理

金融資産運用

相続・事業承継

スタッフブログ

 

まずはお気軽にご相談下さい → こちら

 

この記事は、抽象的かつ一般的な法令や税務等に関する説明、また計算方法により

算出し掲載しております。今後新たな通達等で変更となる場合がございます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください