住宅ローン控除の見直し

 

 

 

前に

 

税制大綱で  ( 前回は → こちら )

 

といった記事を上げましたが、

今回は、住宅ローン控除について今後の注目、改正予定を上げてみたいと思います。

今後住宅を購入する方などは非常に重要なことになります。

 

低金利の昨今、1%以下で借入をし、住宅ローン控除の控除率1%で利ザヤが発生

することが見受けられます。いわゆる借り得です。

現金で購入できても、あえて住宅ローンを組むことによって得をするとう状態です。

金持ち優遇でもありますね。

上記のような実態等から見て国民の会計検査院の指摘があります。

この指摘を踏まえて、令和4年税制改正では住宅ローン年末残高の1%を控除する

現在の仕組みについて、実際の支払利息額を考慮して控除額を設定するなどの

見直しがなされるようです。

 

 

現時点では、令和4年以後については何の定めもありません。

近いうちに住宅取得の予定がある方は、今回の令和3年度の

税制改正による特例の活用を検討すべきかもしれません。

 

 

不動産

税金

ライフプラン

リスク管理

金融資産運用

相続・事業承継

スタッフブログ

 

まずはお気軽にご相談下さい → こちら

 

この記事は、抽象的かつ一般的な法令や税務等に関する説明、また計算方法により

算出し掲載しております。今後新たな通達等で変更となる場合がございます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください