幼児教育の無償化

 

 

 

 

 

 

幼児教育の無償化については、内閣府のネットページで詳しく掲載されていますので、
詳細につきましては検索してみてください。

 

 

今回は簡単にまとめたものになります。

幼児教育の無償化(2019年10月1日~)

〇 0歳から2歳

  住民税非課税世帯の保育所、認定こども園などの利用料
  (認可外保育施設などは月額42,000円まで無償)

 

〇 3歳から5歳

 幼稚園、保育所、認定こども園などの利用料
 ・子育て支援新制度の対象とならない幼稚園は月額25,700円まで無償。
 ・認定保育施設等は月額37,000円まで無償。
 ・保育の必要性について認定を受けた場合、幼稚園の預かり保育は月額最大11,300円まで
  無償。

※対象となるためには、住所のある市区町村から「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。
※無償化以外にも、2021年3月末までの3年間で約320,000万人分の新たな保育先の整備が予定されています。

  

 

 

 

 

FP協会のテレビCMです。

 

 

 

不動産

税金

ライフプラン

リスク管理

金融資産運用

相続・事業承継

スタッフブログ

 

まずはお気軽にご相談下さい → こちら

 

 この記事は、抽象的かつ一般的な法令や税務等に関する説明、また計算方法により

 算出し掲載しております。今後新たな通達等で変更となる場合がございます。

 

 

Follow me!

幼児教育の無償化” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

教育資金、いくら

次の記事

住宅資金